大震災時、RC、SRCのマンションには消防車が来ない場合がある

公開日: : 最終更新日:2012/05/20 災害関係

今回の東日本大震災の時の被害の大きな死因は津波でしたが、阪神大震災の一番大きな死因は火災でした。至るところで火災が発生し、圧倒的に消防車が足りなくなり被害が拡大したといわれています。
阪神大震災の時は火災が問題だったけど、今回の東日本大震災では火災は大きな問題にはならなかった。ということは配信大震災の教訓を経て、火災の防止策が上手く作用したんじゃないか!なんて思うかもしれませんが、そういう訳ではありません。あくまで大都市じゃなかったから大火災には繋がらなかったのです。
仮に東京や大阪といった大都市で同等の大震災が発生し、大火災になった場合は阪神大震災のように火事の被害は極めて大きなものになるでしょう。なぜなら圧倒的に出動出来る消防車の数が少ないからです。
現在、東京都内で火災が発生した場合、出動出来る消防車の数は最大でも100台程だと言われています。大災害になり、大規模な火災になれば全く消防車の数が足りないのです。

消防車が足りない場合、優先順位がある

火災が発生し、消防車へと出動要請。この時、消防車が足りなければ優先順位が付けられます。一番最優先するのは延焼しやすい場所。一番は延焼による火災の拡大を防ぐことが最優先されるのです。
なので、RCやSRCなどのコンクリートの建物は火災が起きても延焼までは起こりづらいので後回しにされます。延焼はしませんが救助を要する家事なら全焼は避けられないでしょうが…
ということで大震災時、火災が発生した場合は救助への過度な期待をしない方が良いかもしれません。全焼する可能性があることを前提の上で火災保険などに入っておくのをオススメしておきます。


スポンサードリンク

関連記事

no image

震災時、音信不通にならない方法

東日本大震災が起こった日、東京は震度5強でした。幸い、震源地に近い東北地方と比べて建物が損壊したりす

記事を読む

波

今までで最強の津波は海抜520メートル以上

世界で今までで、最強の津波は1958年7月9日に『リツヤ湾』で岩石の崩落が原因による津波であ

記事を読む

no image

太陽光発電、ソーラーパネルにする自宅が急増している

東日本大震災の影響で首都圏を中心に大規模な計画停電が実施されています。 勘違いされてる方もなかにはい

記事を読む

海

放射性ヨウ素を防ぐ簡単な方法

福島第一原発の問題がなかなか収束せずに色々な被害をもたらしています。 その被害のひとつとし

記事を読む

no image

水道水に基準値を大きく上回るヨウ素が…予防策は!?

本日、東京都は金町浄水場の水道水から暫定的な基準を大きく上回る放射性ヨウ素を検出したことを発表しまし

記事を読む

no image

家庭でも使えるガス発電機、ガソリン発電機

一つ前の記事で太陽発電、ソーラーパネル発電についての説明と紹介をさせてもらいましたが、ソーラーパネル

記事を読む

東京都副都知事が断言!首都圏の電気は今年の夏と冬足りなくなる

以前の記事で、今行われている計画停電は長期的なものになり、今年の夏、そして冬に掛け、深刻化していると

記事を読む

no image

パソコン、突然の停電もUPSがあれば大丈夫。

現在、計画停電による鉄道機関の乱れによって交通機関が大混乱しております。 あまりに突然で混乱するのが

記事を読む

ろうそくの灯り

これで節電はバッチリ!家電の消費電力を瞬時に調べられるアイテム

今年の夏は電力不足が懸念されている。それに伴い節電意識を例年以上に感じている人も多いようだ。

記事を読む

no image

震度7強、震度8以上の地震は起こる可能性があるのか?

地震が多発しております。 宮城県北部でも震度7の地震に続いて、静岡県富士宮市でも震度6強の地震が発生

記事を読む

スポンサードリンク

最強級の風力!人生を変えたモンスターのヘアードライヤー

今回は私の人生を大きく変えた家電用品を紹介したいと思います。そ

Screenshot_9_R
ネットで最安値のショップを自動検索してくれるプライスチェッカー

今回はインターネットで買い物をする際、その見ている製品の最安値ショップ

祝儀
引っ越し業者のバイトさんにはチップをあげた方が良いかもしれない

あまり大手ではない引っ越し業者に依頼すると、いかにもアルバイト

0円
0円で引越しを行う業者が増えている!?そのカラクリと理由

最近、『0円で引越し可能です!』と謳う業者が増えてきているんだ

無印良品の家
東京で2年間、家賃が無料な家、無印良品の家が6月15より募集を開始

【↑画像クリックでブログ村へ】 東京の家賃相場は世界的にみて

→もっと見る

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    ブログランキング
PAGE TOP ↑