経験者が語る赤帽での引越し

公開日: : 最終更新日:2012/05/19 引越し関連

引越しを頼む業者に赤帽というところがあります。ここに頼むと驚く程安い料金で引越しが出来てしまいます。私も3月の一番引越し料金が高い時期に頼んだのですが、引越し料金比較サイトの最安値が5万円だったのに赤帽は2万6千円で請け負ってくれました。

実際に赤帽に頼んでみた体験談

あまりにも安かったので頼んでみた結果ですが、私は2度と頼みたくはないかなぁ。いや、値段はちゃんと2万6千円で住んだし、金額面では満足だったんですけど、ちょっと荷物の扱いとかが…幸い壊れたなどの被害はありませんでしたが、あまりにも雑に扱うので、引越し作業を手伝っていてかなりのストレスを覚えました。
もちろん、たまたま私のところに来てくれた人がそういった人だった。運が悪かったというのもあるかもしれませんが、さすがにあの経験をした後では赤帽では頼みたくないですね。

赤帽を調べたところ社員教育などは基本的にないらしい

今回、記事にするにあたり赤帽を調べてみたんですが、赤帽というのは一つの企業ではなく、組合の名称で、赤帽組合に加入すれば、赤帽と名乗れるようです。
つまりは簡単な研修会などはあるけれど、ちゃんとした統一された社員教育などはない為、人によって能力や接客に違いがあるみたいですね。また、人によっては専門的知識がない人もいて、エアコンの取りはずしや洗濯機の取り外しなどの専門的なことは素人の人もいるみたいです。

値段だけはちゃんと安い為に、値段絶対主義なら赤帽をおすすめ

最初に書きましたが、値段だけは本当に安い為に、どうしても安く引越しを済ませたい人にとっては赤帽はオススメです。運が良ければ優秀な人が来てくれるかもしれませんし。

ダイヤペット 1/36スケール スバルサンバー赤帽車 DK-5120
アガツマ (2012-03-30)
売り上げランキング: 10623

スポンサードリンク

関連記事

落とし穴

物件選びでの立地の落とし穴

物件選びの際に立地条件は大事なポイントです。職場や学校の最寄り駅から近い駅の中から選びたいし

記事を読む

パソコン

引越し後、知っておくと便利な通販ショップ

物件選びの際、家の近くに飲食店やコンビニがあるのは重要なポイントです。ただ、これら最低限のお

記事を読む

役所

はじめての転入届の手順

今回は引越し先が前に住んでいた場所と市区町村が違う場合での転入届について書いていきたいと思い

記事を読む

空き部屋

物件の下見をする場合の大事なポイント

今回は物件の下見をする際に重要となるポイントについて書きたいと思います。 用意するモノ

記事を読む

不動産

賃貸物件探しのまとめ 解説付き

わざわざコンビニなどで物件掲載雑誌を買わなくともインタネット上で色々と物件を検索することが出

記事を読む

役所

はじめての転居届手順

今回は引越し先が同じ市町区村での引越し『転居届』について書いて行きたいと思います。 ※引越

記事を読む

新聞

新聞を取らなくてもチラシを見る方法

最近は新聞を取らなくても、インターネットのニュースサイトなどで速報性のあるニュースを見ること

記事を読む

トイレ

はじめて一人暮らしをするなら知っておいた方が良い、トイレのトラブル解決方法

昔、自分の部屋を水浸しにしたことがあります。水浸しの原因はトイレの故障、トイレの水によって部

記事を読む

マンション2

おとり物件だと思った時の選択肢

引越しは新しい物件を選ぶことからはじまる。物件探しは不動産、または仲介業者のホームページ上の

記事を読む

テラス渋谷美竹

今話題の渋谷駅から徒歩1分の高級マンション『テラス渋谷美竹』はどんなところか

2012年2月下旬の登録受付を待たずに問い合わせが3000件以上殺到している『テラス渋谷美竹

記事を読む

スポンサードリンク

最強級の風力!人生を変えたモンスターのヘアードライヤー

今回は私の人生を大きく変えた家電用品を紹介したいと思います。そ

Screenshot_9_R
ネットで最安値のショップを自動検索してくれるプライスチェッカー

今回はインターネットで買い物をする際、その見ている製品の最安値ショップ

祝儀
引っ越し業者のバイトさんにはチップをあげた方が良いかもしれない

あまり大手ではない引っ越し業者に依頼すると、いかにもアルバイト

0円
0円で引越しを行う業者が増えている!?そのカラクリと理由

最近、『0円で引越し可能です!』と謳う業者が増えてきているんだ

無印良品の家
東京で2年間、家賃が無料な家、無印良品の家が6月15より募集を開始

【↑画像クリックでブログ村へ】 東京の家賃相場は世界的にみて

→もっと見る

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    ブログランキング
PAGE TOP ↑