0円で引越しを行う業者が増えている!?そのカラクリと理由

公開日: : 引越し関連

最近、『0円で引越し可能です!』と謳う業者が増えてきているんだそうです。

0円で引越し?それを聞いた大半の人は、『それはいい!0円で引越ししたい!』と思うよりも、なにか裏があるんじゃ…と疑いたくなるのが普通だと思います。

今回はなぜ、0円で引越しできるのかについて調べてみました。調査した結果、様々な理由により0円で引越しができることがわかりました。

0円引越しは不動産がやっているキャンペーンの一環

0円引越しの中には、引越しだけが0円で出来るのではなく、不動産での賃貸契約とセットで0円引越しが行われている場合もあるようです。

この場合、単に仲介手数料などの費用から引越し料金をとっているだけで、場合によっては普通に契約するのも金額的に変わらないケースもあるそうです。

こういった不動産と契約する際は本当に安いのかどうかを調べる必要がありそうですね。

インターネット回線契約とセットで

引越し単体で、無料や激安価格で行っている業者さんもあるそうです。この場合、インターネット回線の契約が必須だったりするんだとか。こちらの場合も本当に安いのかどうかチェックする必要がありそうですね。

という訳で、調べた結果、本当に0円というのは難しいようです。まぁ、当然といえば、当然の結果なんですけどね。

スポンサードリンク

関連記事

役所

はじめての転居届手順

今回は引越し先が同じ市町区村での引越し『転居届』について書いて行きたいと思います。 ※引越

記事を読む

交渉

引越し時の上手な値引き交渉3

引越しの値段を少しでも下げる値段交渉方法について1,2回に渡り書いてきました。1回目では引越

記事を読む

吉野家

大学生の一人暮らし、食費を安く済ませ快適な毎日を過ごす為の引越しのコツ

今は大学受験の時期ですね。春からは地元を飛び出して一人暮らしという人も多いのではないでしょう

記事を読む

空き部屋

物件の下見をする場合の大事なポイント

今回は物件の下見をする際に重要となるポイントについて書きたいと思います。 用意するモノ

記事を読む

安すぎ

うわっ…私の引越し代、高すぎ…?

引越しを業者にお願いする際に重視するポイントは人によって様々でしょう。 大事なものが多いの

記事を読む

Screenshot_9_R

ネットで最安値のショップを自動検索してくれるプライスチェッカー

今回はインターネットで買い物をする際、その見ている製品の最安値ショップを自動で検索し、知らせてくれる

記事を読む

落とし穴

物件選びでの立地の落とし穴

物件選びの際に立地条件は大事なポイントです。職場や学校の最寄り駅から近い駅の中から選びたいし

記事を読む

木造

木造やRC、SRC等の建築の構造のメリット、デメリット

今回は木造やRC,SRCといった構造の違いの説明。そしてそれぞれのメリット、デメリットについ

記事を読む

不動産

賃貸物件探しのまとめ 解説付き

わざわざコンビニなどで物件掲載雑誌を買わなくともインタネット上で色々と物件を検索することが出

記事を読む

お金

掲載物件はすべて家賃5万以下!?家賃5万以下ドットコムが10月1日にオープン

東京都内で激安物件は本当に少ない。特に5万円を切るような物件を東京23区内で見つけるのは本当

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサードリンク

最強級の風力!人生を変えたモンスターのヘアードライヤー

今回は私の人生を大きく変えた家電用品を紹介したいと思います。そ

Screenshot_9_R
ネットで最安値のショップを自動検索してくれるプライスチェッカー

今回はインターネットで買い物をする際、その見ている製品の最安値ショップ

祝儀
引っ越し業者のバイトさんにはチップをあげた方が良いかもしれない

あまり大手ではない引っ越し業者に依頼すると、いかにもアルバイト

0円
0円で引越しを行う業者が増えている!?そのカラクリと理由

最近、『0円で引越し可能です!』と謳う業者が増えてきているんだ

無印良品の家
東京で2年間、家賃が無料な家、無印良品の家が6月15より募集を開始

【↑画像クリックでブログ村へ】 東京の家賃相場は世界的にみて

→もっと見る

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    ブログランキング
PAGE TOP ↑