うわっ…私の引越し代、高すぎ…?

公開日: : 最終更新日:2012/05/20 引越し関連

引越しを業者にお願いする際に重視するポイントは人によって様々でしょう。
大事なものが多いので引越しのプロ中のプロの業者にやってもらいたい!と思う人もいれば、出来る限り安く引越し出来ないかなと思う人もいます。
ただ、引越し料金を重視したいのなら大手には頼まない方が良いかもしれません。

大手は基本的に高いのです

営業妨害になってしまいますので、具体的な固有名詞は避けますが、引越し業者の名前を3つあげてみて!と言われて上位に並ぶような有名な業者は高いところが多いです。
私が始めて引越しをした時、ある超有名引越し業者にお見積もりを頼んだ際の見積もり額は17万でした。あまりにも高かったのでもう少し安くなりませんか?と値引き交渉をしたところ営業マンは『引越しが終わった後に30分程、お掃除のお手伝いをサービス致します!』と笑顔でおっしゃられました。
その後、あまりの値段の高さに落胆しながら、なんとなくネットを見て、無料で一括見積もり出来るサイトがあったので駄目元でやってみると3万7000円程で出来るなんて業者があるじゃないですか。
こんなにも業者によって引越し料金って違うものなんだなぁ…とものすごい驚きを覚えました。せいぜい値段が変わるといっても数千円の違いだと思ってたのに5倍近くも金額が変わってくるなんて…

最安値の業者に頼んだ結果

そして3万7000円で見積もりを出してくれた業者に問い合わせたのですが、見積もり額に偽りのない同価格の上、引越し作業自体にも満足しました。
たしかに見た目はあきらかにアルバイトって感じの若いお兄さんでした。ですが万が一、作業中に破損とかがあった場合は業者が保障してくれますし、なにも問題はありません。
世界に1つしかないモノとか、思い出の品を頼むとかの特別な場合を除けば、万が一のことがあっても保障してくれますし、満足がいくと思いますよ。
是非とも引越しの際は一度見積もりをしてみることをお勧めします。

スポンサードリンク

関連記事

郵便局

面倒な配達物の住所を一発で住所変更する方法

通販カタログにクレジットカードの請求書、会員になっているデパートのお知らせ等、長い間住んでい

記事を読む

プレゼント

友人に引越しを手伝った時のお礼はなにが良いか

引越しというものはお金が掛かります。業者に頼んで引越し価格比較サイトで最安値の業者を選んだと

記事を読む

マンション2

おとり物件だと思った時の選択肢

引越しは新しい物件を選ぶことからはじまる。物件探しは不動産、または仲介業者のホームページ上の

記事を読む

ギフト

都会での引越しの挨拶は必要ない!

色々と引越し系のブログやサイトを見ていると引越しの挨拶の仕方まで書かれたサイトがあります。も

記事を読む

ストリートビュー

物件を決定する前にGoogle ストリートビューを活用しよう!

Google ストリートビューというサイトをご存知ですか? このサイトは膨大な写真により、

記事を読む

落とし穴

物件選びでの立地の落とし穴

物件選びの際に立地条件は大事なポイントです。職場や学校の最寄り駅から近い駅の中から選びたいし

記事を読む

役所

はじめての転入届の手順

今回は引越し先が前に住んでいた場所と市区町村が違う場合での転入届について書いていきたいと思い

記事を読む

お金持ち

家がないお金持ちが増えている

一昔前は、芸能人などのお金持ちといえば数億円、数十億近くの豪邸を建てることが一種のトレンドだ

記事を読む

赤帽

経験者が語る赤帽での引越し

引越しを頼む業者に赤帽というところがあります。ここに頼むと驚く程安い料金で引越しが出来てしま

記事を読む

廃屋

事故物件を見抜く方法

事故物件って知っていますか? 事故物件とはその部屋に前に住んでた人がなんらかの事故を起こし

記事を読む

スポンサードリンク

最強級の風力!人生を変えたモンスターのヘアードライヤー

今回は私の人生を大きく変えた家電用品を紹介したいと思います。そ

Screenshot_9_R
ネットで最安値のショップを自動検索してくれるプライスチェッカー

今回はインターネットで買い物をする際、その見ている製品の最安値ショップ

祝儀
引っ越し業者のバイトさんにはチップをあげた方が良いかもしれない

あまり大手ではない引っ越し業者に依頼すると、いかにもアルバイト

0円
0円で引越しを行う業者が増えている!?そのカラクリと理由

最近、『0円で引越し可能です!』と謳う業者が増えてきているんだ

無印良品の家
東京で2年間、家賃が無料な家、無印良品の家が6月15より募集を開始

【↑画像クリックでブログ村へ】 東京の家賃相場は世界的にみて

→もっと見る

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

    ブログランキング
PAGE TOP ↑